家庭内別居妻の子育て大発見

家庭内別居ワンオペ育児中です。→別居しました。

2歳児にテレビとYouTubeを見せた結果

テレビやYouTubeなどのメディアとの付き合い方って本当に難しい。

 

最初は目や情緒や言葉の発達の観点からなるべく見せないように!という気持ちでいましたが、こう出かけられない日が続くとどうしても見せてしまいます。

 

一度見せたら最後、見せない生活は成り立たなくなってきました。

家事の時間も楽になるので、見せすぎずに上手に扱いたいと思います。

動画を見るルール

一応ルールは作っています。ルールは見せる前に子供に伝えています。

 

・YouTubeは一回だけ。長すぎるのはダメ。基本は公式動画。

 

・テレビDVD(子供向け教育番組)は見放題。でも離れて休憩を挟むこと。

 

・子供が見ていない時はなるべくテレビはつけない。大人はある程度我慢。大人も1日一回YouTubeを見る権利がある。

 

見放題とは言っても、何時間も見っぱなしということはないし、長いなーと思ったらこちらから声をかけて別の遊びに誘います。

 

多分集中して見ている時間は1時間ちょっとぐらいだと思います。後は流し見しているだけです。

 

保育園に行っている子に比べたら当然テレビに接している時間が多いんじゃないかとは思います。

 

兄弟がいる子と比べたら普通なんじゃないかと勝手に思っています。

 

テレビを見た効果

段々リスニング力がついてきて、簡単なストーリーが理解できるようになりました。

テレビの音声を拾って真似て喋るようになりました。

 

CMなんかは同じセリフを何度も言うので、耳につくのか、

寝ながらメディキュット!と言いながら足をバタバタさせたりします。

f:id:usoppy:20200516211637p:image

その他『茶葉の旨味〜』『綾鷹!』とか言っています。

 

YouTubeを見せた効果

YouTubeは1日一回しか見せていないのに、説明力を吸収しているのか、

手持ちのおもちゃをやたらプレゼンしています。

f:id:usoppy:20200516211753p:image

どうやって遊ぶのー?とか聞くと、こうやってー、とか教えてくれます。

 

何となくYouTubeはキリがないし、動画によっては言葉遣いがどうなんだろう?っていうのもあるので、なるべく見せたくなかったのですが、プレゼン力を鍛えるという意味で凄く役立っています。商品の遊び方や、組み立て方など、ざっくり説明したりしていて、2歳児でここまで説明力がついたら見せた甲斐もあったなーなんて思っています。

 

まとめ

見せすぎは、目や情緒の発達の面からもどうなの?って話ですが、語彙も増えたりそんなに悪いことばかりじゃない。というのが結論です

でも内容による影響は確実にあるので、刺激が強すぎる物などは見せないようにしましょう。