家庭内別居妻の子育て大発見

家庭内別居ワンオペ育児中です。→別居しました。

30分でクッキーを焼いてみた件

超お手軽手作りクッキーを2歳の息子と一緒に作りました。

 

 

材料

・クッキーの素

・水

以上。

 

※生の生地は食べられないと言っておかないと子供はつまみ食いしようとするよ!身体に悪いから生では食べないように!

 

 

 

作り方

【ニップン めちゃラク クッキーミックス】を使いました。

f:id:usoppy:20210108232858j:image

何と水を入れてオーブントースターでブンするだけ。

 

裏面に説明書きがあります。
f:id:usoppy:20210108232910j:image

ちょっとした子供のお菓子作成キッド並に簡単に書かれています。

なんと驚異の485キロカロリー!!

まず、この袋の中に水を入れてシャカシャカします。

 

大さじいっぱいを並々にして直接袋に入れる。
f:id:usoppy:20210108232855j:image

ソイッッ!

 

30秒ばかり振る。シャカシャカは言わない。

しっかり口を持って振って下さい。ジップなんて気の利いた機能はありません。

息子に10秒×3回数えさせます。隙間に知育。だいぶ間違えるから30秒だったかどうかは怪しい、がそんな適当でもしっかり生地が完成します。


f:id:usoppy:20210108232902j:image

ほんで2.3分袋の上からぐにゃぐにゃ握ります。子供と楽しく握りましょう。こねこね~こねこね♪

結構手がダルくなった辺りが3分の目安です。

 

結構張り付いているので、ハサミで切って取り出します。
f:id:usoppy:20210108232847j:image

まな板の上にラップを敷いて取り出します。

バターでテカテカぐにゃぐにゃの物体。
f:id:usoppy:20210108232851j:image

ラップを挟んで厚さ0.5センチくらいになるまで伸ばします。

こちらは粘土用の伸ばし棒で伸ばす息子。こちらは雑誌についていた付録。

手の平でぐっと伸ばしても簡単に伸びるくらいのものだったので、伸ばす棒がなくても全然平気。

f:id:usoppy:20210108232838j:image

冷蔵庫で寝かせたりはしない。

おにぎりの型でも抜けるくらいゆるっゆるの生地。

 

楽しい型抜きタイム。クッキー大きさの目安が説明書きにありましたが、適当な大きさで問題なし。

f:id:usoppy:20210108232844j:image

 

天板の上にアルミホイルを敷いてセット。最初は上にもアルミホイルをかけます。
f:id:usoppy:20210108232905j:image

説明には1000wと書かれていたけれど、うちのトースターは250wまでしかなかったので、適当に様子見て10分加熱します。

 

天板側のが焦げやすかったので、最後に上に被せたアルミホイルを外して焼き目がついたら完成。大体2.3分。

 

出来立ては熱い!
f:id:usoppy:20210108232841j:image

甘味はそんなにないけど、バターの香りはするサッパリ目なお味。鳩サブレに似ている。

カリッとした食感に仕上がりました。

伸ばし方も適当だけど割れたりすることはなかった。楽勝!

 

まとめ

息子がお菓子作りが大好きなので今回はクッキを作ってみました。手の込んだ物は準備も後片付けも大変なので、水を入れて焼くだけなのでとても楽でした。この類の水を入れて作るシリーズは結構色々作っているのですが、クッキーが30分あれば焼けちゃうって凄い!!

 

市販のクッキーに慣れていると甘めは少ないので、紅茶やチョコやココアなどを混ぜてアレンジしてもいいですね♪