家庭内別居妻の子育て大発見

家庭内別居ワンオペ育児中です。→別居しました。

別居中なのにどうして離婚しないのか

『別居中なのにどうして離婚しないのか』と、質問されることがあります。

私は妻の立場ですが、どうして即座に離婚!とならないのかということを考えてみました。

f:id:usoppy:20210916150825p:image

 

別居=離婚前提で行われていなかったから

f:id:usoppy:20210916151603p:image

昨今生活スタイルの都合で別居婚していたり、とかはありますが、大抵の方は、別居=離婚前提と考えると思います。

離婚を前提に考えている時って、『もうあんな奴とはやっていけない!もう見切りを付けた!』という怒りのパワーだったり、『もう一人で自由にやっていこう!』とか、前向きなパワーだったりがあると、スピーディーに離婚まで進むと思います。

 

しかし私の場合は、相手に対する怒りではなく『恐怖』から逃げてきたので、そもそも離婚を決心して出てきたのではないのです。離婚をする場合は、離婚に対する意志を固めなければならないのだけど、実際に会って話すこともなくなれば、恐怖の対象は離れているため、その意志を固めることは逆に難しく、しかし相手を怖いと思っているから再構築も難しい。そんな状態です。

 

一人でやっていけるだけの経済力がないから

f:id:usoppy:20210916151803p:image

経済力に対して不安があります。はっきり言えば、離婚するにせよ、話し合うにせよ、経済力をつけてからにしたいという気持ちがあります。

 

じゃあ仕事して経済力付けろや!という話なんですが、今住んでいる場所で保育園に入れず、幼稚園に入れていて、預けている間の時間に働いても収入は微々たる物です。そんなの引っ越したり親に預けたりどうとでもなると思われるかもしれませんが、そこが、そもそも離婚を決心して出てきていなかったので、パワーが出ないのです。

 

夫がいようがいまいが、実家の親がいようがいまいが、どんな仕事をしてでも子供と二人でいる方がいい、とりあえず現状の苦しさから解放されたいと思う気持ちもあるのですが、一方で、子供との時間をしっかり取りたいという気持は捨てられず、在宅ワークで出来る仕事をしています。現在の在宅の仕事では、二人分の衣食住を確保できるだけの十分な収入を得られていないので、ここからどうやって収入を増やせるか、というところに不安があります。

 

離婚後、親はお世話になることへの不安があるから

現状生活費を入れて実家に居候しているわけですが、父母は不仲とは言わないまでも、良い関係とも言い切れません。正直、毎日親の愚痴をBGMのように聞き、お前はどうする気なんだ!親のおんぶに抱っこだろ!と葉っぱをかけられ、当然の立場と分かりつつも、実際はしんどいです。完全に離婚となれば、もっと加速するだろうということも想像できます。

 

老夫婦の所に孫と娘が来るとなると、お互いストレスがたまるものだと思います。

中期的に実家から出ようと思っていますが、そこも経済力、あと子供が小さいうちは、もしも自分が倒れた場合どうしようという気持ちもあります。

離婚後のサポートをどの程度受けられるかというのは、離婚を決心する上でかなり重要な要素の一つになると思います。

 

 

 

子育てに理想があったから

子供が産まれてからワンオペでやってきて、子供と私は謂わば共依存状態でずっとやってきました。ワンオペ状態の時は体力的にはしんどかったのですが、家事や子育てから逃げたい、代わって欲しいと思ったり、子育てそのものがキツいと思ったことは一度もありませんでした。家事育児が支えになっていたといっても過言ではないほど、自分の拠り所ですらあったように思います。なので、気持ちの面でも、保育園よりも預かり時間の短い幼稚園の方がいいとも思っていました。

一方で、そういった子供と一緒の時間を作れたのは、夫の稼ぎのもと、自分が専業主婦をしていたからだということも自覚しています。専業主婦に戻りたいとは一ミリも思いませんが、子供との時間を作りたい、幼稚園や習い事のお迎えは自分でしたいし、その日あったことも話し合いたいし、小学校に入ったら勉強もみてあげたい、など、子供とやりたいことが多く、それは夫の稼ぎがあってこそのこと、そのことを自覚しているので、葛藤もあります。

 

あと、本当は子供は二人欲しかったです。なのに夫との夫婦生活は吐き気が止まらないという矛盾もあり、どうにかしたいのにどうにもならないみたいな所もありました。どうしても寝不足が祟りふらふらだった時に、夫が酔っぱらいながら『Hしたいにゃんね~』と言っていた姿が浮かび、ぞわっとした感覚が抜けないのです。年齢的に、離婚した場合は第二子は望めない、まぁ、別居してても望めませんけどね。

 

自分で悪かったと思う点を自覚している

私自身結婚生活において自分が悪かったところを自覚しています。子育てに対して辛いとかはありませんでしたが、いかんせんワンオペのロング授乳で、慢性的な寝不足。神経が尖っていた、ということも自覚しています。言い方や、態度も悪かったと思います。今思えば、完全にうつのような症状なのですが、あんな自分には戻りたくないと思うくらいには自分も悪かった。と思っています。

では同居していた頃に戻ったとして、それを自覚して、夫に愛を持って接することができたかというと、恐らくできないです。キャパオーバーです。そして、当時の自分に『もっとこういう言い方をしないと』『今のは謝っておいで』と声をかけられるかというと、そんなこともないです。当時の自分はあれで精一杯だった、あれで説教でもしようものならいよいようつ病で動けなくなるだろうと思います。

ではこの先自分の悪かった点を反省し、そのようにならないように対応することは可能か、というと、出来なくはないけれど、それには余裕のあるメンタルが必要だと考えています。

 

面倒くさい

面倒という気持ちもあります。何が面倒って、何もかもです。

相手とのやり取り、今後のこと、置いてきた荷物の整理、役所ごと、問題が多すぎる。全部段ボールに入れてどっかに送りたい、そんな気持ちです。

 

夫の良かった点も思い出す時があるから

全くいいところがなかったかというと、そんなこともなく、夫なりに改善しようとしている部分もありました。改善前に絶対にキレる、出ていけと言われたり、離婚をちらつかせたりすることがなければいいのに、、、と何度思ったことか。言葉より行動を見よと言いますが、怒り方が相手にこうしてほしいという要望を伝えるのではなく、とにかく目の前の相手を倒そうとするやり方なので、言われた言葉を引きずるタイプの私とは相性が悪かったんですよね。

改善したところに目をむけて伸ばしたら、子育てのポテンシャルもあったのかもしれません。夫自身も言っていますが、私が夫に育児を任せなかったから出来るようにもならなかったというのはあると思います。

 

家族でいる人を見ると羨ましく思う

別居離婚あるあるかもしれないです。仲の良さそうな家族を見たり、『パパ!』と言って遊んでいる子を見ると、羨ましいやら、子供に申し訳ないやら、、、、どうしてこうできなかったのかなーと。世の中には色んなパパがいて、完璧っぽい人もよく見かけますが、実際は完璧な人なんてほとんどいないわけです。そうすると、私がもっと許す気持や許容する度量があったら子供から『パパ』と言って遊ぶ機会を奪うこともなかったのではないか、と思う気持もあります。

 

どうして話し合いもしないのか

夫から連絡は来ますが返したり返さなかったりです。返信を返さないなんて子供じみたこと本当にやめたいのですが、とにかくスマホの画面を見るだけで動悸がして、夜眠れず、薬が必要な事態、、、結構消耗するんです。夫にそう言っても伝わらないし、言ったら、『それほど嫌なら離婚以外何があるんだ』ってなりますね。

ちゃんと話さなきゃいけない、と思っても頭が真っ白になるんです。画面つけたまま、何も出てこない、今までこんな現象に遭遇したことがなかったので、ほんと自分でも意味不明です。頭が真っ白。なんもいえねぇ。

 

 

 

私はどうしたいのか

稼ぎたい、以外ぶっちゃけ何も考えたくないです。何も考えたくない。

何も考えず、何も気にせず、今の状況も、離婚話も全部ぶん投げて何も考えたくない。

未来のビジョンも沸かず、今目の前にある生活をこなしているだけなどで、どうしたいのか全然まとまっていません。つまり軽いうつ状態。ヤバい。

 

傍から見たらすごくイライラさせる存在だと思う

事情を知っている人は何で離婚しないの?とよく聞いてきます。好奇心もあるだろうし、イライラもするんだと思います。

お金のことなら案外なんとかなるとか、勢いで離婚しないからうじうじ悩むんだよ、そういったことも言われます。

でもほんと、頭真っ白なんです。過去の許せなかったこととか、そんなのもうどうでもよくて、あーあんなことあったなぁーくらい、半分は忘れてます。あれだけ消えなかった産前産後の恨みが、あーそんなこともあったなーと思えるくらいには消化もされたし、怒鳴られたことや、どつかれた(手は出されていないけど肩で押された)ことも、もうどうだっていいんです。許せないとかではなく、当時感じた恐怖を思い出すのが辛い、先に進もうにも恐怖が先立って逃げ出したくなるのです。

 

これらが私が別居中で、未だに離婚に至っていない私側の理由です。夫からは『離婚だ!』『やり直したい』『離婚だ!』の繰り返しです。今は『もう離婚します。あなたのために離婚します。離婚届送るんで書いて下さい』と言われています。

夫の方はどうだかは分かりませんが、私の方が離婚に踏ん切って舵を切っていないのはそういった理由です。